それぞれのメリットデメリット

自動車の保険は現在大きくわけて代理店型とダイレクト型(通販型)の2種類があります。それぞれメリットとデメリットがありますのでそちらを紹介致します。

 

 

代理店型というのは保険会社とお客さんの間に代理店が介在し、様々なやり取りの代行を行ってくれる形式です。代理店型のメリットは知識がなくても代理店側がそれを補ってくれるという点であり、わからない事など相談する事ができるといったサポートの充実さがメリットとなります。事故時に利用する事になるサービスセンターの数も通販型と比べると断然多く迅速な対応をしてくれます。しかし、良い事ばかりではなく間に代理店が介在するという事で、費用が高額になるというデメリットがあります。

 

 

通販型の自動車保険はお客さんと保険会社がインターネットを介して直接契約を結ぶ形式で、代理店型と比べて非常に低価格という点がメリットとなります。これは不要な保険内容をカットする事もできるので必要最低限の保険契約のみという事も可能となり、それが低価格へ拍車をかけています。デメリットは自動車保険に対する知識が必要不可欠になる点です。代理店が本来やってくれる部分をお客さん側が行うので正しい知識がなければ穴だらけの自動車保険となってしまう事もあり、サポートも代理店と比べると充実しているとは言いがたいので知識が必要不可欠となるのです。

コメントは受け付けていません。