故障対応やレッカー移動は保険会社によって大きな差が!

自動車保険をチョイスする際にはどのようなことにフォーカスすれば良いのでしょうか。ほとんどの人は保険のフィーが安い、補償が心配ないなどのことをメインテーマに決めていることが多いのではないでしょうか。

 

生命の保険と異なり保険期間がショートタームの掛け捨てが多い損害の保険であれば、もしもコントラクトしている金融機関が経営破綻しても他の金融機関にコントラクトをロールオーバーしやすいというメリットがあります。
そのため金融機関の経営内容について関心のない人が多いと思いますが、金融機関が経営破綻した場合、損害保険はどこまで守られるのかご存知でしょうか。

 

現在のオプションでは自動車保険は9割まで守ってもらえることになっています。
契約している金融機関が経営破綻したときに、問題がなければ他社にロールオーバーすることを考慮すればいいわけですが、事故などがあると簡単には行きません。

 

9割補償といっても損害額が膨らめば1割といっても自己の負担する費用が重くのしかかります。
そう考えると金融機関を選ぶというのも自動車保険チョイスの重要なファクターです。
商品の内容やバックアップサービスの内容、保険のフィーなども大事ですが、保険会社チョイスについても熟考することが大切です。

コメントは受け付けていません。