民間のロードサービス会社との違い

民間のロードサービスと言うのは、自動車やオートバイに乗車している時、乗り物が故障してしまったり、自動車のカギを紛失してしまい、自動車に乗車できなくなった時、ガス欠やバッテリーが上がってしまい、走行不可能となった時などに対し、サービスを行うと言う特徴があります。

 

 

また、ロードサービスには保険会社のサービスも有ります。
これは契約車両が故障をしてしまい、その自動車をレッカー移動しなければならない時や、ガス欠になった時、バッテリーが上がってしまった時などにサービスをおこなってくれるもので、契約者がその保険の中で後から特約などで付けるものではなく、多くの場合はロードサービス自動付帯が行われているのが特徴です。

 

 

要は、保険に加入をすることで、いざと言う時のため、自動的にロードサービスの付帯が行われるという事です。
但し、契約車両がどの保険に加入をしているのかにより、受けられるロードサービスには多少なりの差と言うものが在ると言います。

 

 

例えば、JAFの会員になっている場合、レッカー移動は可能でも、会員になっていない人はそのサービスを受けられないケースもあります。
また、指定工場までの距離が50キロでは無料でも、50キロを超える事で有料になるケースもあります。

コメントは受け付けていません。