代理店型保険の加入の流れ

自動車保険の加入先としてはネット・通販などのダイレクト型と、ディーラーや特約・専属の代理店型に分かれてきます。

 

このうち対面式で相談がしやすいのは代理店です。
初めて加入される方は補償内容をいろいろ相談できる代理店経由がおすすめです。
代理店の加入までの流れとしてはディーラーであればクルマの購入と同時に提示されることも多く、専属・特約代理店ではおすすめプランを中心に2~3プランを提案されることがあります。
それを選んで加入することになるのですが、補償内容に問い合わせで直につながるメリットがあるのが代理店です。月01

 

ダイレクト型もユーザーの専用の窓口もあり、資料・プランと共に担当者の名刺を付けることがあるのですが、対面で詳しく聞ける、相談しやすいのは代理店です。
このおすすめプランの提示では、まだ見積もりの段階であり、正式な申し込みではありません。
見積もりを了承し、車検証などの必要書類を送付して正式な加入手続きとなります。
代理店でも見積もりや加入でも手数料が掛からず、その点はダイレクト型と差はなくなりつつあります。

 

それよりも、事故を起こした際に担当者との連絡・つながりも重視したいところです。

 

代理店ではディーラーよりも保険知識に長けた専属・特約代理店などに利点があり、同じ代理店でも手続きのスピード感・対応力に差がある点も留意する必要があります。

 

コメントは受け付けていません。